• OBD GUARD
  • OBD GUARD
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日

コラム

2018/08/08

MPD-JAPANで取り扱っている自動車盗難対策用品「OBD GURAD」は、純日本製の高品質な自動車盗難防止装置です。国産車の実に99.99%に適合する製品ですので、安心してご利用いただくことができます。わかりやすいフルカラーの取扱説明書も添付しておりますので、取付作業も簡単に行えます。

2018/08/01

すべての自動車ユーザーの皆様にとって、自動車の盗難は決して他人事ではありません。たとえイモビライザー付きの高級車であっても、イモビカッターを使用されてしまえば、あっという間に盗難されてしまいます。本格的かつ実用的なカーセキュリティをお考えでしたら、MPD-JAPANにご相談ください。

2018/07/26

現在流通している自動車には、自己故障診断装置「OBDコネクタ」の装着が義務付けられています。
この装置を利用して、車を盗難されるという事件が相次いで発生しております。自動車盗難対策の一番の方法は、OBDコネクタをを防護することです。 自動車盗難対策のことならMPD-JAPANにお任せください。

 

OBDガード開発のコンセプト

OBDとは?

OBDコネクタ OBDコネクタ
OBDガード OBDガード

1 OBDとは On-board diagnostics の略で、自動車に搭載されるコンピューター(ECU)が行う自己故障診断のことを言います。

2 現在は世界中のコンピューター(ECU)に直結し情報を得る目的として、台形型16端子が集まるOBDコネクタが備わっています。

3 車両情報の多くはこのECUに集中しており盗難防止のイモビライザーなども含まれます。

4 OBDコネクタは多くの場合、運転席内に存在します。
自動車の故障や車検整備の際にはこのコネクタへのアクセスが非常に重要になります。

自動車盗難の手口

警察調べによると、

  • 1窃盗団は狙った車両は必ず持って行く
  • 2犯行は夜間が多く非常に短時間の犯行である
  • 3犯行は現場からヤード(盗難車両保管場所)まではとても短距離である
  • 4ヤードで車両は解体されて出荷されることが多い

警報装置やGPS機能が備わっていても決して安心できるものではありません。少なくてとも車両を動かせなくすることです。

自動車窃盗の手口
イモビカッター

手のひらに収まる大きさのイモビカッター。イモビライザー(スマートキー )付きの高級車も、 あっという間にエンジンを始動されてしまいます。

開発のコンセプト

我々は、世界中のこの問題を解決するために、

OBDガードを作りました

MPD
OBDガード

皆様のご支持をいただけたら幸いに存じます。

保険に入ってても損をする?

自動車保険に入っているから大丈夫、とも言えません。
例えば新車で購入したハイエースバン(スーパーGL 標準 3000)ディーゼル2WD KDH201V)が盗難に遭い、 車両保険で盗難補償が担保される場合でも、購入後1年未満の車両価額の中間値(契約時に設定する中間となる保険価額)は370万円となりますが、 購入後1年経過した車両価額は285万円、購入後2年経過した場合の車両価額は260万円と年々目減りしてしまい、 車両保険に入っていたからと言って新車が戻ってくる訳ではありません。

しかも盗難リスクが高い車両は当然のことながら、 自動車保険料も割高に設定されますし、連続して同一車両が盗難に遭ってしまった契約者に対しては、契約を断ることもあるのです。